自分で鍵の交換

自分で鍵の交換をしてみよう

自宅のドアや倉庫など、大切な物を守るために鍵の交換をするのであれば自分でも簡単に作業をすることが出来ます。業者に依頼すると費用は高くなることが多いです。

自分で必要な物を購入して作業をすれば比較的安いコストでしっかりとセキュリティを高めることが出来るので挑戦してみましょう。基本的にかなり複雑な物でない限りは市販されている施錠などでしっかりと鍵を交換出来ます。

タイプ別で考えると、対象となる物によっては自宅の扉のように埋め込み式になっている鍵がありますが、これは解体出来るかどうか、サイズがピッタリな新しい鍵を見つけられるか、こうしたところがポイントになってくるので、基本的に自分で鍵の交換をする時は外部からの取り付けタイプとなります。

埋め込み式の場合はその対象物のメーカーに連絡をして業者にやってもらう方が確実です。物によっては作業不可な事もあるので一度業者に連絡をしてみると良いです。

自分で鍵を交換する場合は本当にどのような種類を選ぶのかによって作業の難易度は変わります。例えば、自転車の鍵の場合だとチェーン式のキーを選ぶなら非常に簡単にセキュリティを高めることが出来ますし、この場合は基本的に何も作業をする必要がありません。施錠を付ける場合はそれをかけることが出来るように対象物に工夫を施す必要があるので少々手間がかかります。こうした作業をする時はしっかりと構造をイメージしたいところです。例えば、ネジによって施錠をするための工具を取り付ける場合、それを取り付けることは簡単ですが、鍵をかけても元になっている工具をねじ回しで外してしまえば施錠の効果がないという構造になると全く意味がありません。自分が泥棒になった気持ちになって、どのようにすれば開けることが難しいのか、これをしっかりとイメージして作業をすることが大事です。

鍵の交換や取り付けなどはインターネットから調べると様々な参考となる情報を調べることが出来ます。特にそれほどセキュリティが必要というわけではないという場合でも、一応鍵を取り付けておけば安心ですし、そこまで費用をかける必要がない場合ならインターネットから低コストでも可能なセキュリティを調べてみると良いです。用心するに越したことは無いと言いますが、その為にはセキュリティに力を入れることがとても大事になります。時間がある時にどのような部分にどのようなセキュリティがあると安心なのかを考えてみたいものです。